事業委託をご検討いただいている皆様へ

オール・ニッポン・レノベーションは各分野で活躍してきた若者が主体となって活動している非営利の組織です。若者ならではの柔軟な発想と、徹底した現場主義、そして各界のプロフェッショナルにアドバイザーを務めていただき総合的に問題解決へ取り組んでいます。

私たちの得意とする分野は、

若者政策(参画政策・若者議会・若者担当相等)

情報技術(IT)情報通信技術(ICT)やオープンデータ・ビッグデータのまちづくり分野での活用

ソーシャルイノベーション・PR(Public Relations)

地域コミュニティ、NPO/行政に関わる方々に向けたリーダーシップトレーニング

住民や多様な立場のひとを巻き込んだアイディアソン会議やワークショップの開催、グラフィックレコードの活用です。

現場を大事に、まちづくりそのものの提案や若者・住民のニーズ調査・分析、政策提言も行います。

 

持続可能な社会を実現することを目的に、NPO/NGOから民間企業、行政機関まで、
皆様の活動や事業をよりよいものにするお手伝いをさせていただけたら幸いです。先ずはお気軽にお問い合わせください。

ワークショップ

 行政、教育機関、民間等場を問わず、今日まで多くの現場で指導/コーディネーターをしてきました。時間はかかっても世代を偏らせず、多世代が集まってまちづくりを考える場をつくることもあれば、10代や若者が中心の組織や教育機関でもモチベーションスピーカーとしてワークショップを行ってまいりました。アイディアソンやリーダーシップトレーニング、まちづくりの分野ではワークショップは有効的です。講師だけでも、企画・運営からでも、ぜひ私たちをご活用ください。

IT/ICT/データ活用

官民データ活用推進基本法が2016年12月に成立しました。国・民間・自治体が持つそれぞれのデータを地域社会に活かしたり、新しい事業の創出につなげることを目指している法律です。またまち・ひとしごと創生本部は地域経済分析システムは平成27年4月から供用されています。しかしなかなか活かせていない現実があります。時代は「情報を活かせるか」私たちに問いかけています。地方においてこれらの活用をお手伝いさせていただければ幸いです。

ご契約までの流れ

お問い合わせ・ご相談をいただきましてから、ご依頼内容を確認させていただいた後、当団体から素案を作成し、ご確認いただいてから御見積書を発行、契約後業務受託とさせていただきます。

ダウンロード
事業委託参考資料
オール・ニッポン・レノベーションでは標準事業においての労務費等見積単価規程を定めています。
労務費等見積単価規程.pdf
PDFファイル 138.0 KB

講演・講師料について

  主催団体や開催目的によりご相談に応じます。一般的に1時間3万円と別途交通費・宿泊費をいただきます。私たちは公益目的の組織ではありますが大学等の専属でお給料と研究費をいただいている状況とは違い同等の枠では組織として成り立ちません。お金をいただくべきところではしっかりといただくことが持続可能な社会を実現すると考えています。

 

※若者が主催・対象のものや教育機関での開催、非営利が徹底されているもの等につきましては柔軟に応じさせていただきます。

※ワークショップ等の企画運営から委託される場合や長時間の打ち合わせが必要な場合は労務費等見積単価規程をご参考ください。
※労務費等見積単価規程及び、講演料は1人あたりです。


【理事の実績】

会議等での実績:

国会議員向け世界一大きな授業、自民党成人年齢に関する特命委員会、与党学生懇談会、公明党若者インサイト会議、CePiC等

スタジオ出演実績

NHK「日曜討論」 NHK「あさイチ」 BSフジ「プライムニュース」 TVK「2016参議院議員選挙特番」
テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」など 特集実績:NHK「首都圏スペシャル」 TBS「報道特集」TBS「板野パイセン」等
まちづくり関連の講師実績:

三重大学・木曾岬町まちづくりセミナー 多古町支え合うまちづくりシンポジウム
千葉県ボランティアの集い(千葉県ボランティア連絡協議会・社会福祉協議会)、若者政策討議会など

その他:

千葉大学ESD研究会、佐倉高校、ベインブリッジアイランド高校、有隣堂10代を応援するイベント、ファッションx食x環境x社会のクロスロード展、黄色い叫びトークショー、ESDフォーラム等


ご相談・お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です