ワークショップ企画運営

ワークショップ・リーダシップトレーニング・グラフィックレコード・リビングラボの企画運営


日常×WS

 当社の打ち合わせや反省会でも日常的にワークショップを行っています。だれもが意見を言える空気づくりと議論・アイディアの整理はイノベーションに必要不可欠です。

 グローバル化やニーズの多様化が進む中、ユーザーやパブリックと起業や自治体等が協働し、イノベーションを起こしたり、既存のものをより良いものにしていくための活動、いわゆるリビングラボが求められています。それぞれ違うバックグラウンドを持った人が集まりフラットな立場で議論したりプロトタイプに参加することで新たな価値の創造がリビングラボに期待されています。
 


グラフィックレコード

 どんな組織でもチームでも全く同じ背景をもったひとはいません。それぞれが自由に発言しながらもスムーズに議論を進めるには可視化が必要です。文字情報だけの議事録ではなく感情や雰囲気が伝わりやすいグラフィックによってどう議論が進んだのか理解しやすくなります。会議やワークショップ後もグラフィックレコードを見返しながら話がはずむきっかけにもなるほか、会議に参加していないひとでも読みたいと思える議事録となり、多くの人に共有しやすいです。
 当社では3人のスタッフがグラフィックレコードを行うことができます。.

リーダシップトレーニング

 情報をより正しく伝えるためにはどうしたよいか、どうやったらだれもが意見をいえるような空気をつくれるか、だれもが主体性をもったチームをつくるのにはどうしたらよいのか、ワークショップを通じて学べるリーダーシップトレニーニングを行っています。

実績

 地方自治体や教育機関、NPO/NGO等でワークショップ・リーダシップトレーニングを行ってきました。
三重県木曽岬町まちづくりシンポジウム

千葉県社会福祉協議会・ボランティア連絡協議会「ボランティアの集い」2016・2018

株式会社有隣堂10台が世界を変える?!〜今日から私ができること〜

CWPJ×特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン「社会の変え方」

ベインブリッジアイランド高校
千葉県立佐倉高校
千葉大学ESD研究会など


お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です