地方自治体・候補者・議員の政策立案の支援

次世代と共に政策を作る

若者が住みたい地域を創る


2040年。「老い」は、筆頭の課題です。ヒトの老化だけでなく、老朽化するインフラや限界集落、耕作放棄地に空き家問題と、何もかもが老いていきます。(『メガトレンド』川口守之助著)団塊世代が、アクティブシルバーとして第二の青春を謳歌する2010〜2030年代は贅沢市場が、2030年以降になると老老介護や世代間格差の問題が露わになるといわれます。未来を見据えるならば、次世代への負担軽減と人的資本育成のために、しくみ作りが必要です。高齢者雇用、女性の社会進出、若者のコミュニティ再興など、次世代を担う若者の手によって未来を切り開く土台作りを支援します。


若者議会の導入

若者の意見を政策に反映させることを目的に、政策協議や政策提言を行うことのできる組織体「若者議会」を自治体に導入する支援をいたします。最近では導入事例も続々と増えています。「若者議会」の導入プロジェクトの実行支援から、インターンシップのデザインまでご相談ください。

若者向け政策作り

高齢者雇用、女性の社会進出、若者のコミュニティ再興、老朽化インフラや土地資源の有効活用など、少子高齢化に伴う問題が先20年で次々と溢れ出てきます。これらの問題を解決しながら、次世代の若者にとって魅力的な地域を創りませんか。若者を巻き込み政策を作る支援をいたします。

若者窓口の設置

若者が社会に対して感じた不安や違和感を、自治体が拾い上げることを目的に「若者窓口」を自治体に導入する支援をいたします。小中高生には、学校でいじめや不登校に会った時の身近な相談窓口がありません。また中高生の約7割(※1)は将来に不安を感じています。「誰一人取り残されない社会」のためにご相談ください。

※1 中高生が思い描く将来についての意識調査2017 - ソニー生命保険


情報を武器にする


人口減少や過疎化が進展し、疲弊する地域経済を活性化させるには、地域の実態を正確に把握し、将来の姿を客観的に予測して、地域特性に応じた施策を検討することが不可欠です。地域経済分析システム(RESAS:リーサス)とは、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が提供する地域経済に関わるビッグデータです。地域の活性化のために効果的な施策の立案・実行・検証のためなどに広く利用されています。


RESASを使ったビッグデータ解析セミナー

地域経済分析システム(RESAS)を活用した研修を行うことで、自治体職員、議会議員、住民および学生に、地域に関する様々なデータを的確に収集・分析・活用できる人材を育てるとともに、職場内への意識定着を目的としてセミナーを出張開催いたします。セミナーでは、座学に加え、グループワークである題材を取り扱い、課題の抽出と仮設の構築を行い、RESASを活用した仮説検証をする一連の流れをご体験いただきます。

データ解析による政策提案

地域経済分析システム(RESAS)を活用して、まちづくりの政策提案をいたします。ご相談の内容に応じ、ビッグデータ解析に加えて現地視察による定性評価を実施し、総合的に政策提案をすることができます。弊社は千葉県御宿町において地方創生を実行しております。高齢化率48.5%、人口7千人の町で蓄えた弊社の知見を活用し、幅広なご相談に乗ります。


若者を選挙に巻き込む


2019年は、統一地方選挙と参議院議員選挙が行われます。これまでのように、朝駅前に立って演説をするだけで若者の支持を得られるでしょうか。2013年にインターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部改正法が成立し、2016年に18歳選挙権が実現しました。若者の声を取り入れる権利が生まれましたが、政治に関する教育を受けていない彼らの支持をいかに得るか、まだ体制が整っていません。アメリカの大統領選挙ではSNSによる情報操作に注目が集まりました。インターネットによる情報発信がもつ拡散力は計り知れませんが、リスクを踏まえて活用し、若者を巻き込む選挙キャンペーンを実行することで、よりよい世の中をつくる第一歩を進めましょう。


選挙戦略の総合コンサルティング

SNSによるインターネット情報のPR、テレビや新聞によるPR、若者と接するイベント実施などを活用し、若者をターゲットとした選挙キャンペーンの総合的な提案と実行支援をします。若者に認知されたい、若者の意見を聞きたい、若者の支持率を上げたいなど、幅広くご相談ください。単発のイベント開催やSNSによる情報発信のみといった部分的な案件も、ご相談可能です。

選挙戦略のSNS発信コンサルティング

情報発信リテラシーを持つ弊社が伴走し、若者を巻き込む選挙キャンペーンを実現させます。候補者や選挙対策チームからの情報発信はより工夫が必要です。日頃の政治活動の顧問からぜひ当社をご利用ください。


チームビルディング研修による人材育成


選挙のたびに、選挙キャンペーンに関わるボランティアや候補者側近などメンバーが総入れ替えになります。短期決戦の選挙キャンペーンを成功へ導くためには、集結した人々の結束力を強く生み出すことが必須です。チームビルディングは、多様性に富む一人一人の心理的安全性を高めながらも、チームの結束力を推進力に変える手法です。世界各地で経験を積み、ライセンスを保有するプロフェッショナル講師がチームビルディング研修を開催します。


若者の声を発信するメディア・政治美人


「政治美人」は、若者の声をダイレクトに社会に伝えるためのウェブメディアです。意見があるのに発信する場がない、知見を得る場がない若者の受け皿として、若者の社会進出を応援します。掲載されている記事は全て、運営メンバーが直接取材した生の声です。私たちは、特定の思想や政策を広めたいのではありません。「政治美人」の定義は、政治や社会に対する問題意識を持ち、意見を主張できる男女です。より多くの若者に、政治をより身近な存在にします。


中高生のボランティア活動・クラブワールドピースジャパン


 クラブワールドピースジャパン(Club World Peace Japan)は、オール・ニッポン・レノベーションの富樫が中学生の時に立ち上げた、中高生でも気軽に参加できるボランティア団体です。2009年に設立され、現在は1000人以上のメンバーが活躍しています。プロジェクトを企画・運営する主体性を10代が発揮できる場として、多くのメディアに取り上げられました。クラブワールドピースジャパンは任意団体のために活動の制限があり、法人格をもって幅広い活動をしたいとオールニッポンレノベーションを設立しました。


政策立案の実績


三重県桑名郡木曽岬町

宮城県名取市

維新の党 

公明党

千葉県御宿町

埼玉県越生町

東京都世田谷区

神奈川県横浜市


当社の理事・スタッフは18歳選挙権の実現や国民投票法の改正に関わり、18歳選挙初の選挙では各地でキャンペーンを仕掛けました。与野党問わず公約作りに関わり、第24回参議院議員通常選挙では躍進した政党の三大政策の一つを作りました。2016年1月放送のNHK「日曜討論」に出演したのは若者として史上初。日本における若者と政治の世界をリードした実績として受け止めております。

 

現在も、全国各地の政策討議会や候補者による討論会の企画、ファシリテーション、候補者と若者との対話の場づくり、選挙キャンペーンを引き受けています。持続可能な社会を目指し、次世代の若者の声を吸い上げる、若者の政策作りの自立支援を引き続き行って参ります。なお、法律で認められた手段のみ承ります。

私たちは、中立な立場で政策づくりの支援をします。

政策コンサルティングの主担当を務める弊社理事の富樫泰良は、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより「ボクらのキボウ 政治のリアル」を出版しました。自民党・公明党・民主党(当時)・維新の党(当時)・共産党の現役国会議員5名に「若者政策草案」を提出し、討議会を開催、給付型奨学金、年金と社会保障、若者担当大臣などを巻き込み、若者の声に各政党がどう応えるのか収録したほか、各党の実績等をまとめました。

若者の投票率を上げるためのPR活動や政策討議、政治教育などを中立な立場から支援いたします。