Policy Innovation

官公庁・自治体等 政策コンサルティング・シンクタンク


確かな実績

オピニオンリーダー

 2016年1月17日放送のNHK総合放送「日曜討論「“18歳選挙権”政治はどう変わるか」に理事の富樫泰良が史上初の若者枠で出演しました。その他、2016年1月19日(火)『何が変わる18歳選挙権 若者と与野党のホンネ』プライムニュース、NHK「あさイチ」「首都圏スペシャル」TBS「報道特集」や開票特番に出演しました。

 

政党との政策づくり

自由民主党成人年齢に関する特命委員会や公明党若者インサイト会議有識者に選出される等、党派を超え現場で活躍しています。

 


若者議会

 地方自治体単位で若者議会を導入するお手伝いをしています。体験としての若者議会ではなく、実際に若者だけで選挙を行い議員を選出し、若者議会の決定に予算をつけるいわば若者が政治に直接参画する仕組みづくりを提案しています。

若者の窓口

 中学生・高校生の約7割※1が将来に不安を感じています。またいじめや不登校等様々な問題があるなか若者、特に小学生・中学生・高校生に身近な相談窓口がありません。高齢者や障がい者だけでなく若者にも開かれた窓口を設置することを提案しています。

若者向け政策

 特に地方において若者の転出や少子化が深刻です。どうしたらこの町で生まれた若者に帰ってきてもらえるか、誇りをもってもらえるか、また若者を呼び込むことができるか、ミレニアル世代で構成しPRにも強い私たちにご相談ください。


※1 中高生が思い描く将来についての意識調査2017 - ソニー生命保険

中立的な立場での政策づくり・情報発信

 政策コンサルティングの主担当を務める理事の富樫泰良は株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより

「ボクらのキボウ 政治のリアル」を出版しています。自民党・公明党・民主党(当時)・維新の党(当時)・共産党の現役国会議員5人に「若者政策草案」を提出し、討議会を開催、給付型奨学金、年金と社会保障、若者担当大臣など、

若者のまっすぐな声に、各政党はどう応えるのか収録したほか、各党の実績等がわかりやすくまとまっています。

若者の投票率を上げるためのPR活動や政策討議、政治教育等中立な立場からお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です