持続可能な社会を目指す社会還元型企業。マーケティング&コンサルティング。
私たちは若者と企業や組織、サービス・商品をつなぐPRエージェンシーです。
© 一般社団法人オール・ニッポン・レノベーション 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

OUR HISTORY

 代表の富樫は若者の代表としてNHK「日曜討論」に出演。学生が出演することは異例で、1時間の生中継ではNHK史上初の歴史を刻みました。

NHK日曜討論

NHK首都圏スペシャルにて代表の富樫の特集が組まれ放送されました。東京と東日本大震災の被災地をつなぐ活動や、復興こども会議の運営、湘南での若者主体のビーチクリーンの開催などが紹介されました。

NHK
首都圏スペシャル

東日本大震災の被災地、宮城県名取市閖上では震災後、当社CWPJ事業にて仙台・名取チームを発足、閖上復興こども会議を運営し、こども・若者の声をまとめ、コミュニティー形成やこども神輿も行いました。

閖上と歩んだ震災後

維新の党(当時)に日本若者協議会の代表を富樫代表が務めていた際、若者政策につてい提言をまとめ、提出しました。

維新の党に政策提言

児童労働の問題を伝え、問題解決に向けた取り組みの必要性を訴えかけるため、児童労働に反対する意思をレッドカードを掲げることで表明するレッドカードアクションに当社の運営するCWPJも加わり、当時代表が所属していたシアトルルセラン高校でも全校生徒と共に行いました。

レッドカード
アクション

フェアトレードを若者世代の中で広めようとフェアトレードシャツに世界中のこどもたちのメッセージを集めたものを作り、販売しようとクラウドファンディングを実施、80万円以上が集まり達成しました。

クラウド
​ファンディング

​国内外の学校で講演や、入学式のスピーチ等に代表の富樫が招待されています。

各地の学校でも講演

全国各地で運営スタッフが中学生のときよりゴミ拾いチームを立ち上げて来ました。最盛期には全国で20チーム、海外で3チーム活動をしていました。

​ゴミ拾いチーム

児童労働ネットワーク代表団として森ゆうこ文部科学副大臣に署名の提出と意見交換を行いました。(富樫)

文部科学副大臣

日比谷花壇本社にて行われたCePiCヤングチャレンジコンテストで千葉県夷隅郡御宿町を拠点として行なっている地方創生の取り組みが第2位を受賞しいました。

【銀賞受賞】
Cepic 日比谷花壇

大雨の被害に見舞われた岩手県岩泉町に、東京と千葉から災害派遣を行い3日間活動を行いました。

​岩泉町災害派遣

天明麻衣子さんに司会を務めていただき、自由民主党、公明党、日本維新の会(当時)、維新の党(当時)、民主党(当時)、共産党と若者政策討議会をDiscover21と開催。ボクらのキボウ、政治のリアル出版の大切な会になりました。

​政策討議会

NPO法人ヨコハマ・コミュニティー・デザインラボにて、代表富樫の著書「ボクらのキボウ 政治のリアル」の出版記念イベントが開かれ、多くの報道陣と若者、政治家が集まりました。

​出版記念イベント

「まちづくり事業を行う学生社会起業家が
大切にしていること」と第して、ベネッセー高校生3分ニュースに掲載されました。

BENESSE

世界中のこどもたちのメッセージを集めてフェアトレードシャツを作るクラウドファンディング企画では湘南ビーチFMにも取り上げていただきました。

湘南ビーチFM

慶應義塾大学の渡辺賢治研究会と御宿町役場企画財政課、御宿町役場保健福祉課、御宿町社会福祉協議会、そして地域で活動されている方を集め、CCRC構想についての議論を深めました。

行政・大学・社協で
​CCRCについて議論

越生町でさいたま県議会議員と越生町議会議員の公明党議員、そして若者が集まり、若者が減少するなか、どう若者が参画できる仕組みを作ることができるか、議論を深めました。

越生町で若者と公明党をつなぐ

トヨタのトレッサ横浜にて、トレッサ横浜の社長の栗原さんやトレッサ横浜の皆さんにご協力いただき、小学校3年生の女の子たちが考えた公園のアイデア、ハッピードームを実現させるプロジェクトをCepicにて実施、私たちもイベント全体の企画・運営に携わり、トークイベントを開催。

トレッサ横浜

御宿駅前は観光地の駅前とは思えないほど、空き店舗と空き家が増え、夜は真っ暗になってしまいます。10年以上放置されていた空き家を、地域の皆さんと一緒に改修、オープンしたのが、コミュニティーカフェであって私たちのオープンオフィス、グッドネイバーズです。

駅前に灯す灯り。

インターパシフィックハイスクールにご協力をいただき、中学生・高校生との国際交流イベントを開催しました。

World Meet Cafe

東日本大震災後、被災地でボランティア活動に励む俳優、女優さんらによる舞台、黄色い叫びのアフタートークショーに特別ゲストとして登壇いたしました。

黄色い叫び
​トークショー

国民投票により多くの若者に関心をもってもらい、投票年齢引き下げを議論していこうと阪口直人衆議院議員と共に、様々な取り組みを行いました。

​国民投票×若者

 代表の富樫はBSフジプライムニュースにて2時間の生中継を現役国会議員と共に闘いました。若者の声を政治に届ける第1人者として注目が集まりました。

​BSフジ
プライムニュース

NHKあさイチに、2回出演しました。1度目は18歳選挙権に向けて、2度目は選挙期間中を振り返って。長時間の生中継に、他の若者出演者と共に、若者の声の大切さと伝えることができました。

NHK
​あさイチ!

18歳選挙権が注目された2016年参議院選挙に先駆けて行われた若者の声と政党の考えを直接つなぐ場としてニコニコ超会議2016「超トークステージ」に代表の富樫が出演しました。

ニコニコ超会議

ソトコト10月号に代表の富樫が掲載されました。

ソトコト

閖上復興こども会議では、災害の歴史を残そうと巨大灯籠を制作、仙台国際空港や名取駅でも展示されました。

閖上子ども会議

​当時、日本若者協議会の代表を務めていた富樫は、代表として若者の声を集め、党関係者と協議を重ね、公明党に政策提言を行いました。

公明党政策提言

東日本大震災の被災地に寄付金を贈ろうと、中学生・高校生が主体となって、ヴァイオリニストの増田太郎さんなどにご出演いただき、チャリティーコンサートを中野ZEROにて開催しました。

チャリティー
コンサート

児童労働ネットワーク代表団として山根外務副大臣に児童労働についての意見交換と署名提出を行いました。(富樫)

外務副大臣

震度7に見舞われた熊本県に東京・千葉からチームを組み、3週間にわたり炊き出しを行いました。

熊本災害派遣

千葉大学ESD研究会にて、千葉県内の校長先生、教職員、および生徒にRESASを活用したデータ活用についてワークショップを行いました。

千葉大学ESD研究会

世界一大きな授業に、NPO法人・フリー・ザ・チルドレン・ジャパンより富樫が講師役で登壇。国会議員と児童労働について意見交換をしました。

世界一大きな授業

公明党の番組「コメ助の部屋」に党青年委員会(石川博崇委員長=参院議員)の樋口尚也青年局長(衆院議員)と佐々木さやか副委員長(参院議員)と共に代表の富樫が出演、若者政策を評価しました。

公明党
「コメ助の部屋」

「身近なことから始めよう―現役大学生が語る若者と政治の関わり方」と第してhuffingtonpostに掲載されました。

ハフポスト

六本木ヒルズから配信されるニューズオプエドに出演。衆議院議員の川内博史さんとともに選挙権が18歳に引き下げられたことを踏まえて若者の政治参加について考えました。

ニューズオプエド

アクアシティお台場にてピンクシャツデーに合わせたイベントを開催、ピンクシャツデーはいじめ問題に対する啓発活動で、私たちはエグゼクティブプロデューサーとして企画・運営に参画いたしました。

アクアシティお台場

ASEANの学生のスタディーツアーの受け入れを行い、他若者団体と共に、横浜で意見交換から視察等のコーディネートを行いました。

ASEANの学生受入

​総務省と明るい選挙推進協会主催の選挙レコメン文化祭に私たちも出展いたしました。

選挙レコメン文化祭

山中 光茂松阪市長と公開トークイベント、松阪市教育委員会が後援し、教育関係者から学生、行政関係者まで、多くの方の前で若者参画を議論しました。

山中 光茂松阪市長

大雨災害に見舞われた常総市に1ヶ月間、延べ、50名を派遣し災害ボランティア活動に従事しました。

常総市災害派遣

原宿クエストホールにて、NTT都市開発さま、青木デザイン研究所さま、原宿クエストホールさま、協賛の元、アナウンサーの堀潤さんや、各界で活躍する若者を集め、「Teens Day」を開催しました。

原宿クエストホール

ヘイトスピーチや、差別問題について注目が集まっていたときに、「友情に国境なし」と訴えることであたたかな雰囲気をつくろうと原宿でフラッシュモブを行いました。

原宿で
フラッシュモブ

リトルリンク ジャパン主催のトークショー、「ワクワクのかけら」にゲストとして出演しました。

ワクワクのかけら