“WE Day Community: Japan” が開催されます(3/20@渋谷)



地域の課題から国際協力まで内容を問わず「社会問題に取り組む子どもたちを応援」することを目的とした世界的ライブイベント「We Day」。カナダのトロントで2007年にはじまり、世界15都市以上で開催されている「WE Day」が「WE Day Community Japan」として、2020年3月20日、日本に初上陸します。私たちオール・ニッポン・レノベーションも協力として参画しています。 「We Day」は、ニューヨーク、ロンドン、バンクーバー、トリニダード・トバゴなど、4ヵ国15都市で年間30万人以上もの子どもや若者が参加する一大ムーブメントになりました。2020年もすでにモントリオールで開催され、3月4月ではウェンブリー、イリノイ、カリフォルニアはマイクロソフトシアターでの開催が決まっています。

これまでにダライ・ラマ14世、マララ・ユスフザイさん、ヘンリー王子、セレーナ・ゴメスさん、テイラー・スウィフトさん、ジャスティン・ビーバーさん、トルドー首相など著名な活動家、政治家、セレブが出演し、多くのこどもたちを勇気づけてきました。日本初開催にあたりまして、現在も多くの企業や著名人から賛同の声が集まっています。 ≪開催概要≫

【タイトル】 WE Day Community: Japan (読み:ウィー・デイ・コミュニティ・ジャパン)

【開催日時】 2020年3月20日(金・祝) 13:00~16:00

【開催場所】 LINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)

【対象】 国内外の社会課題に対しアクションを起こした25歳以下の子ども・若者

【参加費】 無料

【出演者】 土屋アンナ、ゴリ(ガレッジセール)、MONKEY MAJIK、よしあき&ミチ、テツandトモ、YANO BROTHERS、堀潤、伊是名夏子ほか多数。

【プログラム】活動家/著名人によるスピーチやパフォーマンス アクションインパクトを発表 アクションキャンペーンの発表

【主催】 認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

【協力】 株式会社フロンティアインターナショナル、

     一般社団法人 OSAKA あかるクラブ、一般社団法人オール

     ニッポン・レノベーション、NPO iPledge、Wake UP Japan 

【特設サイト】 http://ftcj.org/wedayjapan

オール・ニッポン・レノベーションは、全世代が平等に意思決定や社会活動に参加することが持続可能な社会づくりに必要だと考えています。欧米では当たり前に、「コミュニティーサービス」として子どもたちが地域社会や国際問題に参画することが当たり前となっており、「ボランティア活動」に参加することが中学や高校の単位条件となっています。私たちは、「We Day」が「こども、若者が参画する希望の社会」を見せることによって、日本国内でのこども、若者の社会参画が進むと信じています。 日本政府は2005年から文部科学省が主導し持続可能な社会づくりの担い手を育む教育として「環境、貧困、人権、平和、開発といった"持続可能ではない将来を招く"課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の"持続可能な"解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動」を進めてきました。この取り組みは日本中に広がり、今度はどの地域のこども、若者も自ら社会問題に取り組むことができるスキームづくりのフェーズとなります。まさに「We Day」は日本におけるESDの新たなフェーズに入るきっかけとなるはずです。

17のグローバル目標と169のターゲットから成る国連の持続可能な開発目標「SDGs」の認知度が日本国内で高まり、民間企業においての貢献も期待されているなか、持続可能な社会の柱となる「こども、若者」に、大人が投資する姿勢は、これからの日本社会において大きなメッセージになると信じています。 学校等の教育関係者のみなさまや中学生・高校生で「We Day」へのご参加をご希望されるかたや、「We Day」日本開催に賛同する民間企業のみなさまは、お気軽に、私たちオール・ニッポン・レノベーションへお問い合わせください。

599回の閲覧

持続可能な社会を目指す社会還元型企業。マーケティング&コンサルティング。
私たちは若者と企業や組織、サービス・商品をつなぐPRエージェンシーです。
© 一般社団法人オール・ニッポン・レノベーション 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon